TOP

『披露宴台本』オフィスコトノハが贈る!3500組以上の実績とお客様満足度96.2%の司会者チームの奥義!

台本・CD・セットの購入はこちらから

披露宴司会台本・CDのご紹介

披露宴司会台本(台本)

披露宴司会台本(台本)
3500組以上の実績とお客様満足度96.2%のオフィスコトノハの奥義がここに詰まっています。
ブライダルMCになってみたいと思うあなたはぜひ手に取って使ってみてください!
台本に含まれるもの

披露宴司会台本(CD)

披露宴司会台本(CD)
オフィスコトノハ株式会社代表 北平純子が15年のキャリアを積んで得た声で録音致しました!
『披露宴司会台本』をCDに収めましたので、一緒に聞きながら練習できます!
CDに収録されているもの
※『試聴するボタン』をクリックするとそのトラックが約30秒程度再生されます。

台本・CD・セットの購入はこちらから

結婚式の司会者を、
目指したいあなたへ。

こんにちは。 オフィスコトノハです。
この度は、司会台本の販売サイトをお訪ね頂き、ありがとうございます。
私たちは、司会者になりたいという、1人でも多くの方の夢を応援したい!!
そんな想いから、私たちが、長年培ってきた、司会台本を、販売することにしました。
なぜ、今まで販売しなかったのか?
それは、この台本は、いわば私たちの子供のようなものだからです。
結婚式は、とてもおめでたい場所。 だから、いつでもどんな時でも、にこにこ笑顔で立ち続けてきました。 ・・・でも実際には、多くの挫折や失敗を重ねてきたのです。
その積み重ねが、、この台本。苦労した日々、そのものなのです。
だからこそ、私たちの宝。 一生、門外不出のものだと考えていました。

ところが、近年になり、ご披露宴のスタイルが変わりつつあり、
大きなご披露宴から、ご家族やご親族またご友人中心の1.5次会のようなアットホームなスタイルが人気となってきました。

そんな時代になり、親族だけなら、誰か、親族の中で司会をやればいいんじゃない?
友人だけなら、誰かお友達がやればいんじゃない?という、声が上がるようになり・・・。
頼まれたけど、でも、実際に司会ってどうやればいいの?
プロの司会者みたいに、あんな風に人前でしゃべるには、どうずればいいの?
そういえば、司会者って、いつもどんなこと、しゃべってるの?

そういうお問い合わせが増えてきました。
そのひとつひとつにお答えしているうちに、みえてきたこと。
それは、今 求められているのは、うまくしゃべる技術ではなく、
何をしゃべるかという、内容。 つまり「台本」
台本があれば、それを基本に、喋っていけばいいのです。

そこで私たちは、これまで手塩にかけて育ててきた子供(台本)を、外へ出すことにしたのです。
そしてその子たちを新しい家族の手で、育てて頂こうと思っています。

ブライダルイメージ もちろん、結婚式の司会者を見て頂ければ、分かりますように、ただしゃべっているだけではありません。
その場の空気や状況をよく読み、また式場には、「キャプテン」という、指揮を執る方がいらっしゃいますので、全てはそのかたの指示で司会者は動きます。
ですので、台本があれば100%満点というわけにはいかないのですが、
でも、司会をする上では、台本は、基本中の基本。
どの司会者も基本を学んだうえに成り立っています。
ですので、まずは、この「基本である」「台本」を、手に取って頂き、
【司会者の世界】をご覧ください。

さて、せっかく司会をされるのですから、出来れば声のトーンや、表現の仕方も気にしていきたいですね。
そこで、弊社代表の 北平純子が15年のキャリアを積んで得た声で録音致しました、 台本をCDに収めましたので、一緒に聞きながら練習してみて下さい。

車の中で。また移動の時など、聞き流しているだけで自分が
「結婚式に参列している」気分になりますよ!!

オフィスコトノハスタッフ 一同

オフィスコトノハ株式会社
プロフィール

オフィスコトノハ株式会社 北平純子

オフィスコトノハ代表 北平純子プロフィール

ブライダルMC・研修講師・フリーアナウンサー。
航空貨物会社に就職後、広告代理店へ転職し営業職を務める。

その間にアナウンス養成講座で学び、話し方を変えたところ、営業での売上げが伸び始め、話し方が人生を変えることを実感。

さらに話し方のプロを目指すべく、地元のラジオ局開局と同時にラジオパーソナリティとなり、ケーブルテレビのキャスター、講演会・披露宴の司会など仕事を広げる。

2004年に起業。ラジオパーソナリティや司会者を養成、斡旋するオフィスコトハ㈱を設立する。

北平純子が担当した結婚式は15年1000組。また北平が率いる司会会社オフィスコトノハ株式会社は3500組以上の実績とお客様満足度 96.2%を誇っている。



Copyright by Office Kotonoha Corporation All Right Reserved.